A study of the fetishism figure and sale
©DENNOUKEI FETI BUNKA SOUGOU KENKYUJO 2013-2014 All Rights Reserved.

武蔵野文化堂

電脳系フェチ文化総合研究所@購買部

R18成人向

技術情報>シリコーン製品の塗装方法

シリコーン製品(フィギュア、ドール等)の塗装方法

ぷにぷにふぃぎゅあ素体のノーマル・バージョンを購入し、ご自身で塗装などのカスタマイズをしたい方は、ワンダーリミックスで販売しておりますシリコーン修理用の材料を使用し、簡単な塗装を施す事ができます。
DF研,ぷぎあ,洗浄
左から『S-ソルベント(溶剤)』『KE-47T(シーラント)』『S-プライマー(下地処理剤)』『S-カラートナー(シリコーン用塗料)』

ではここより図解による説明をいたします。m(__)m↓
DF研,ぷぎあ,洗浄
作業例として『ぷぎあ』ではなく、2007年頃に販売されていたシリコーン製の人形『シーズ』(材質はぷぎあと同様)を使用し(人形提供:武蔵野文化堂)ご説明させていただきます。

まず対象箇所をSソルベントでよごれやホコリなどをキレイに洗浄し、続いてSプライマーを綿棒などで塗布しておきます。Sプライマーは夏場で30分、冬場で60分程度、風通しの良い所で放置し、よく乾燥させておきます。塗布は表面が軽く湿る程度にし、あまり大量に付けすぎないように注意して下さい。定着力が低下する恐れがあります。

DF研,ぷぎあ,洗浄
Sプライマーを塗布した表面がカサカサになっていることを確認し、つづいて塗料を用意します。まず、シーラント(信越シリコーンKE42T)を写真のように大豆くらいの大きさでチューブから出します。

DF研,ぷぎあ,洗浄
次にシーラントにトナーを混合します。(作例はダークフレッシュを使用)トナーの量は図にあるように、かなり少量でも十分な発色を見せます。シーラントの端から少しずつ混ぜて行きます。

DF研,ぷぎあ,洗浄
今回は塗装用に用意するのでトナーが若干濃いめになるように調整しましょう。完全に混合した段階で半透明が目立つようでしたらトナーを足します。

DF研,ぷぎあ,洗浄
つづいてSソルベントを少しずつ入れて撹拌してきます。大量に入れて一度に撹拌するとダマが残りやすくなりますので、必ず少量ずつ撹拌していき、またソルベントを少量足して撹拌していくようにします。

DF研,ぷぎあ,洗浄
Sソルベントを少量入れて完全に撹拌し、つぎのソルベントをまた少量足すという作業の状態がこの写真で示されております。

DF研,ぷぎあ,洗浄
少量のソルベントで完全撹拌、3〜4回これをくり返してほどよい硬さにしていきます。エアーブラシを使う場合は、お使いのブラシの口径に応じて更に希釈します。

DF研,ぷぎあ,洗浄
今回は綿棒でトナーを乗せて行くスタイルで作業を進めますので、比較的まったりとした感じで練ってみました。

DF研,ぷぎあ,洗浄
実際に製品の上に乗せたトナーは薄めになりますが、何回か塗り重ねて行くように塗装すると良いでしょう。乗せたトナーは息を吹きかけたり、ドライヤーを当てると小皿に残っているトナーよりは早めに乾くので、根気よく作業をくり返しましょう。

DF研,ぷぎあ,洗浄
想定した形よりもいびつになってしまったり、ハミ出してしまった部分は未使用の綿棒を使い、そっと叩いて輪郭をぼかすように取り除きます。

DF研,ぷぎあ,洗浄
先に塗布したトナーを剥がさずに塗り重ねるのはコツが要りますが、塗り終わった部分を乾燥させつつ、小皿に残っているトナーの乾燥を遅らせる点と、半硬化したトナーの上に綿棒でそっとトナーを乗せる点に留意すれば一回の作業で完了できます。
どうしても上手くいかない場合は、手間は掛かりますが完全硬化後にもう一度プライマーの下地処理、トナーの用意と、この作業自体をくり返すようにします。

完全硬化は季節によって変わりますが半日は置いた方がよいでしょう。未使用のトナーを必要の無い容器や紙の上に取って置き、その硬化状態で判断するようにします。

以上が綿棒などを使ったSトナーの手塗りの方法となります。





武蔵野文化堂